演奏会チラシ制作

チラシについて

チラシのサイズ

演奏会のチラシはA4サイズが基本です。ひとまわり小さいB5サイズも素敵ですが、ラックに立てると見えなくなってしまうなど不便なこともありますので、A4サイズをおすすめしています。

用紙の種類

「コート紙」と「マットコート紙」が代表的です。
コート紙はツルツルした手触りで、光を強めに反射します。明るくハッキリしたデザインに向いています。
マットコート紙はしっとりした手触りで、色合いもコート紙よりも落ち着いた雰囲気になります。ほど良く光を反射します。
その他にも紙の種類は山ほどありますが、いずれもコート紙、マットコート紙よりも値段が張ります。それでもこだわりたい!という場合はご相談ください。

用紙の厚さ

紙の厚さは90kg、110kgというように、斤量(きんりょう)で表します。斤量=原紙(四六判788mm×1091mm)1,000枚分の重さで、数字が大きくなるほど厚くなります。

70kg:手に持つとペラリと後ろに倒れるくらいの厚みです。DMの郵送料が気になる場合はあえて70kgを選ぶこともあります。
90kg:演奏会のチラシで最も一般的な厚みです。
110kg:チラシだとかなり重厚な印象。意外と重いです。

写真、画像について

アーティスト写真はお客様にご提出いただいておりますが、背景画像やイラスト画像はこちらでイメージに合うものをご用意しています。抽象的な画像の他、パブリックドメインになった絵画の画像を使うこともあります。こんな雰囲気、色合いの画像を使いたいなどご希望がありましたらお聞かせください。

デザインのイメージ

言葉でイメージを伝えるのは難しく思われるかもしれませんが、コンサートのタイトル、キャッチコピー、曲目などをふまえればイメージが定まってくることがほとんどです。それをベースに、ザ・定番にしたり、わざと外したりしてバランスを取っています。

タイトル、キャッチコピー、ボディコピー

目を引くチラシにはタイトルやキャッチコピーも大切なポイントです。
電車の中吊りやポスターなど、キャッチコピーになんとなく目が行き、その後の文章(ボディコピー)をじーっと読んでしまったなんてことはありませんか? 演奏会のチラシも同じように、コンセプトを短いキャッチコピーで伝え、ボディコピーでじっくり読んでいただくという流れがあるとより興味を持っていただけます。必須ではありませんが、一度考えてみるのもおすすめです。